SEOと医療サイト

こんにちは
本日はSEOのお話です

久しぶりに専門な記事になりますけど
今年の3月中頃、検索順位に大きな影響があったサイトも少なくないと思います

特に今回SEO順位変動がひどかったのが医療分野のサイトと感じています
急にポータルサイトばかりが上位に表示されている状況が今も続いていますよね
日によってまちまちですが10ページあたりになるとポータルの子ページが大量に表示されている状態・・・これがGoogleの考えるユーザーに価値のあるページ??謎ですね

さて、謎のアップデートで混乱している状況、弊社の管理するサイトはというと
やはり影響があるサイトと無いサイトがあります。
今回は影響が顕著だった立川にある歯科医院のサイトの事例です
競合の非常に多い場所ですね

どれくらい影響があったかというと、特定のキーワード4つが以下のようになりました

去年11月から今年2月まで 4つとも1位または3位以内
3月アップデート後 全て圏外(表示されず)

むちゃくちゃですよね
厄介なことに医院名では表示されるという・・・
4月の訪問で院長から「今月急患の電話が鳴らないから暇だよ」といわれました
それくらい1位とそれ以外の差が大きいということ
・・・本当にこの検索結果というものは商売として公平なのでしょうかと疑問を感じますよね
人の土俵で商売する怖さは、過去にアメブロで活躍していたアフィリエイターさんが教えてくれましたが、まさにSEOで1位から急落すると同じ怖さを感じます
Googleの都合で影響がない仕組みづくりを長期的に考えていきたいと弊社では考えております

では、現在そのサイトはどうなのかというと

3月末 圏外
4月末 70位または圏外
5月末 5位

本日はまたアルゴリズムの変更があったようですが
3位〜5位あたりまで復帰しました

復帰した方法を知りたい方も多いと思いますが、サイトそれぞれで持つ問題や悩みが異なると思いますので、まずは問題や不安材料を洗い出し解消してみてください。それでもダメな場合は客観的に見てもらうのも手段だとおもいます。

弊社はSEOのみの仕事を受け付けておりません。リニューアルしたい方や新しくサイトを作る場合は、今回得た最新の対応知識をもって作成することが可能ですので、安定した順位表示にご興味がある方はご相談ください。

お問い合わせ